COLUMN

コラム

コワーキングスペースのドロップインとは?メリットや利用方法を紹介!

コワーキングスペースの利用方法には「ドロップイン」と「月額契約」の2種類があり、ドロップインは利用した時間ごとに料金を支払う形式です。ドロップイン利用のメリット・デメリット、ドロップイン利用が向いている人、さらに利用方法について紹介します。

コワーキングスペースは、時間や場所にとらわれずに働く人々にとってオフィス代わりに利用できる便利な空間です。月額契約で利用する方法が多く見られますが、出張や旅行で頻繁に遠方へ行ったり普段の仕事は自宅が中心だったりするなどの理由で、一時的に利用したいという人もいるのではないでしょうか。
そんな人におすすめなのが、時間単位で気軽にコワーキングスペースを利用できる「ドロップイン」という形式です。今回は、コワーキングスペースのドロップインについて、その概要やメリット・デメリット、ドロップインが向いている人や具体的な利用方法などについてお伝えします。

コワーキングスペースのドロップイン利用とは

コワーキングスペースの利用方法には「月額契約」と「ドロップイン」の2種類があります。月額契約は1ヶ月単位でコワーキングスペースと利用契約を結んで利用し、ドロップインは利用した時間ごとに料金を支払う形式です。それぞれの特徴は次のとおりです。

月額契約の特徴

1ヶ月ごとに決められた料金を支払って、コワーキングスペースを利用する形式が月額契約です。プランの内容はコワーキングスペースによってさまざまで、1日のうち好きな時間に自由に利用できるプランや、午前中のみ利用できるプラン、1ヶ月に所定の回数だけ利用できるプランなど、内容にはいろいろあります。なかには住所で登記ができるプランを設けている施設もあります。

ドロップインの特徴

ドロップインは時間単位で支払いが発生する従量制で、多くの場合1日に利用した時間に応じてその都度精算を行います。1時間当たりの価格が設定されているのが一般的ですが、1日使い放題のプランが用意されている場合もあります。

コワーキングスペースのドロップイン利用、メリット・デメリット

コワーキングスペースのドロップイン利用には、次のようなメリットとデメリットが存在します。

メリット

月額契約では事前審査がある場合がありますが、ドロップインは、施設の利用者登録をすれば、利用することができます。「気になっているコワーキングスペースをまずは1回だけ試してみたい」といった場合にも便利です。予約の必要はなく、月額会員のように「午前限定」、「月○回」、「土日祝のみ」などの制限もないため、いつでも好きなタイミングで利用できるのもメリットでしょう。

月額契約は利用が少なかった月があっても、毎月必ず決まった料金が発生します。そのため、あまり頻繁に使わない場合はドロップイン利用の方が月額契約よりもコストを抑えられます。
最初にドロップインで利用してみて、良ければ月額契約に移行するといったように、トライアル感覚で使えるのも、メリットと言えるでしょう。

デメリット

ドロップインは月額契約に比べると時間単価が高くなります。1ヶ月に何度も利用する場合は、トータルコストが月額契約の場合より高くなってしまう可能性があります。また、月額契約は会員専用のスペースが設けられていることが多く、事前予約をすると確実に席を確保できますが、ドロップインは予約を受け付けていない施設がほとんどで、満席の場合は利用を断られてしまいます。

会員専用スペースを利用したい場合や、オフィス拠点として住所で登記をしたり電話番号を利用したりしたい場合は、ドロップインは不向きです。あくまでも一時利用のサービスなので、会員限定サービスを受けたい場合は月額契約を検討しましょう。

コワーキングスペースのドロップイン利用に向いているのはどんな人?

ドロップイン利用のメリットやデメリットについて紹介してきました。では、コワーキングスペースのドロップイン利用に向いているのはどのような人なのでしょうか。例えば次のような人が向いています。

  • 普段仕事をする場所が別にある人

    自宅や会社など普段仕事をする場所が決まっていて、時々コワーキングスペースを利用したい人にはドロップインがおすすめです。例えば自宅でのテレワークで行き詰まり、気分転換に利用するといったケースがあるでしょう。

  • 1ヶ月のうち利用する頻度がそれほど高くない人

    月額契約は利用頻度にかかわらず定額の料金が発生するため、1ヶ月の利用頻度が高くないなら、ドロップインの方が無駄がありません。

  • 月額契約での利用を考えているが、まずは試してみたい人

    いずれは月額契約をして定期的な利用を考えているものの、まずはお試しで使い勝手を確かめたい人も、ドロップインを利用するといいでしょう。

  • 頻繁に場所を移動する人

    頻繁に出張に行ったりワ―ケーションに行ったりで、同じ場所にとどまって仕事をしないという人もいるでしょう。そういった人にもドロップイン利用が便利です。

コワーキングスペースをドロップインで利用する方法

コワーキングスペースをドロップインで使ってみたいけれど、どのような手続きが必要なのかわからないという人もいるでしょう。そこで、ドロップインでコワーキングスペースを利用する際の標準的な流れを紹介します。

  1. 1.コワーキングスペースに行く

    利用したいコワーキングスペースを訪れます。予約は不要なので、作業用のパソコンのような自分が必要な道具のみを持参して、そのまま受付に向かいましょう。

  2. 2.初回登録を行う

    まだ一度も利用したことがない場合は、施設の受付で初回登録を行います。指定の用紙に必要事項を記入したり、Web登録をしたりするなど、コワーキングスペースによって異なりますので、受付の案内どおりに手続きします。身分証明書が必要になる場合が多いため、あらかじめ準備しておきましょう。

  3. 3.チェックインを済ませる

    登録が終わったら、受付でチェックインを済ませます。すぐにドロップインで利用したい旨を伝えると、必要な手続きを進めてくれます。

  4. 4.利用開始

    チェックインが完了すると、コワーキングスペースを自由に使えます。チェックアウト時に利用時間に応じて精算を行うため、利用中は特別にしなければならないことはありません。フリードリンクなどを用意しているコワーキングスペースもあるので、気分転換を図りながら仕事に取り組みましょう。

  5. 5.チェックアウト

    利用が終わったら、受付で利用時間に応じた精算を済ませます。精算が完了するとその日の利用は終了です。

ドロップインで、コワーキングスペースを気軽に利用しよう

コワーキングスペースは仕事のための設備が整っており、すぐにオフィス代わりに利用できて便利です。しかし、頻繁使用しない人や、使用するかしないかわからない人が月額契約で利用すると、コスト的に無駄が生じてしまいます。その点利用時間に応じて料金を支払うドロップインなら、気楽に試してみることが可能です。ただし、すべてのコワーキングスペースがドロップイン利用に対応しているわけではありません。

WAWのコワーキングスペースは、ドロップイン利用が可能です。仕事を進めるうえで必要不可欠な無料Wi-Fiや複合機などの基本的な設備が整っているのはもちろん、来客対応や宅配物の受取、郵便物の発送代行など各種サポートも充実しています。さらに、フリードリンクや健康を考えたサプリメントサーバー、アロマディフューザーの用意など、リフレッシュのためのサービスも万全。赤坂と日本橋という利便性の高さも魅力です。

その他WAWの特徴をこちらで確認し、お気軽にドロップイン利用からお試しください!